春節のお祝い中華街

2月初旬に、横浜中華街に行きまして、春節のお料理を楽しんでまいりました。
中華街は華やかで気分ががりますね。
b0299488_23044870.jpg
オスカル様風のライオン。
b0299488_23044112.jpg
横浜在住の塩谷先生とでかけました。

春節といっても、今回は一味変わっていて、
中国系マレーシア人の春節のお祝い料理でしたよ。
b0299488_23045670.jpg
中国系マレーシア人の春節では、
「イーサン」とよばれる前菜のお刺身料理が有名だそうです。
b0299488_23050107.jpg
こちら、イーサン。
入っているものにも意味があって、緑=若さ、
柑橘は繁栄、ピカピカしたたれは富、スパイスは幸運を引き寄せる
とのことです。
b0299488_23051235.jpg
イーサンは、みんなでお箸をもって、イーサンをかきまぜます。
そして、高く持ち上げて、願い事を言いながら食べるのがお約束。
b0299488_23053478.jpg
イーサンを混ぜ混ぜするとこんな感じになります。
そして、続く、マレーシア料理。
b0299488_23054402.jpg
アフタヌーンティーのようなもりつけの揚げ物。
b0299488_23054010.jpg
お鍋料理です。
b0299488_23132966.jpg
キチンの丸焼き・・・・。
b0299488_23132041.jpg
お魚料理。
このほかにも、エビのお料理、チャーハン的なもの、
おこわ、デザートと出てきて、食べきれませんでした。
お持ち帰りをたくさんしている人もいましたよ。
ものめずらしく、春節を楽しめました。

春節というと、香港で一度経験しましたが、
あちこちで、爆竹がなり、大変にぎやかだった思い出が・・。
やっぱり、そのときも、楽しかったですね。
いろいろなお祭りを、日本人はこだわりなくたのしめて、
幸せだな~と感じた日でした。


# by browns-tea | 2019-02-13 07:19 | 日々のこと | Comments(0)

春色に染める

先日、ストールをハーブで染めたら、
黄色が出ました。
b0299488_13500513.jpg

黄色が出るのはわかってはいるのですが、
あっさりと黄色に染めるストール地に感動☺️。

b0299488_13502894.jpg
今年は、染め物もたくさんしてゆきますよ~。

# by browns-tea | 2019-02-11 13:46 | Comments(0)

マリアージュフレールのティークラブ

やっと、やっと、マリアージュフレールで行われている
ティークラブという、紅茶レッスンに行けました。
なかなか行けなかったんです。

この日は、ティーインストラクターの先輩の奥野しほ先生と参加しました。
b0299488_23381576.jpg
マリアージュフレールは、香りの紅茶で有名です。
お店の内装も素敵。
b0299488_23373434.jpg
そして、紅茶の缶もおしゃれ。
b0299488_23375426.jpg
この日はセミナーなので、三階のお部屋に行きました。
まず、目立つケーキのショーケース。
b0299488_23372631.jpg
好きなケーキ選べるましたが、
私は一目でこちらのケーキに決定☺️。
b0299488_23375946.jpg
紅茶についてのお話しを聞きながら、コースランチ☀️🍴。
b0299488_23374036.jpg
マリアージュフレールという名前ですから、
紅茶の香りとお料理が喧嘩しないようになっているのでしょうか。
こちらのランチは優しいお味です。
b0299488_23374743.jpg
今まで何度か食べまして、
ランチだけでいただくと、
お味にパンチがないように感じていました。
でも、お茶と合わせると相乗効果があるように感じました。
b0299488_23380751.jpg
お茶のタンニンの強さをアタックと表現したり、
水色をルビーレッドと呼んだりするところ、
分かりやすくていいなと思いました。
マリアージュフレールは、
日本に来てから人気が変わらないように思います。
この不動の人気は強すぎたり、嫌みにならない香りのよさにあるんですね。
この日はチョコレートフレーバーの紅茶を中心に飲みまして、
どれも軽やかなのどごし、味わいで、香りが強すぎずしっかりしてました。
マリアージュフレールの、
フレーバードティーは、あなどれません。
香りのブレンド力があるんだなと思った、レッスンでした。
楽しかったからまたいこうっと。

# by browns-tea | 2019-02-07 23:44 | Comments(0)

ぼっち旅*レバノンからキプロスへ戻る

雨のビブロスから、ベイルートへ戻り、
ゼイン一族のみなさまにご挨拶をしました。
b0299488_20525310.jpg

迫力あるゼイン兄弟。日本在住のご兄弟が、主人の20年来の友人。
お世話になりました♡。日本にもどうぞいらしてくださいませ。

その晩、キプロスへもどり、前回と同じホテルに宿泊。
翌日の朝食。
b0299488_21111112.jpg
キプロスの食事は、ローカルなチーズがいっぱいです。
b0299488_21111991.jpg
そして、夜のフライトまで時間があったので、街を一人でぶらぶら~としました。

b0299488_21210284.jpg
何度も行き来した海岸通り。
b0299488_21114054.jpg
ネコが沢山いるキプロス。
b0299488_20551506.jpg
ラルナカの要塞。
この要塞に、空洞的な部屋があって、
「いったい何に使う部屋なのだろう・・・。」と、
様子がおかしい気配の、変な、謎の部屋があって、
ふと気が付くと、絞首刑用の縄がブラさがっていて、慌てて逃げたり・・。
そんなふうに、一人でいろいろなところを歩きました。

b0299488_20555355.jpg
要塞の中は、ローズマリーやハイビスカスの花が咲いてました。

b0299488_20550039.jpg
聖ラザロ教会では、フランキンセンスの香りがたかれていて、
妙に、歴史が目の前にどどーんと広がったような気もしました。
地下の墓地は、ローマ時代の建築が、破壊されずに残っていましたよ。

そして、もっと古い遺跡のキティオン。
ラルナカの町はずれにあり、
紀元前13世紀のものが一番古く残っていました。
紀元前13世紀にギリシャのミケーネ人が作り、
その後紀元前9世紀にフェニキア人がやってきて、
紀元前3世紀まで、繁栄した街の跡だそうです。

b0299488_20543036.jpg
そんなところをぶらぶら~として、
b0299488_21213931.jpg
帰りみちに、釣りをするおじさんたちをみながら、
またホテルまで歩きこれで、キプロスでの最後の一日が終了。

キプロスでは、有名な観光地は全く出かけず、
知り合いにお会いしたり、
宿泊地周辺でのんびりゆっくりと過ごした感じです。

ぼっち旅の記事はこれで終了。
この旅を終えて、また
もうひとつ自信がついてしまった私がいます。
おばさんのぼっち旅、全く問題ありませんでした。
どうしよう。ぼっち旅で世界中、いけてしまう、
自分を発見してわくわくしています。

エイミーブラウンズのホームページへ

現在募集中のレッスン一覧


イベントの先行予約やお得情報はメルマガから

お問い合わせ・お申し込みはこちら





 
b0299488_11235478.png
 
 ホームページはこちらからおはいりください。。♥
 ***********************

# by browns-tea | 2019-02-02 21:56 | 旅行 | Comments(0)

ボッチ旅★レバノン北部の港町ビブロス

旅行記止まってました😵。ごめんなさい。

最終日はレバノンのビブロス。
ビブロス。という、港町も紀元前3000年前ごろから、
繁栄していました。
しっとりとしたビブロスの商店街の町並み。
石畳の石が丸っこくて、つるつるしてました。
石畳の模様がきれい。
民芸品やさんが軒をならべていました。
b0299488_11014338.jpg
下の画像の町並みは、ローマ帝国時代の遺構。
ローマ帝国時代といっても、紀元前3000年前と比べると新しく感じます。
天気が良かったら、すてきでしたでしょうね・・。
b0299488_11025990.jpg
こちらも、ローマ時代。
どこかに昔の人が歩いているんじゃないかしら??と、
こっそり探したりしてました。(笑)
b0299488_11035107.jpg
こんなに。きちんと残っているなんて、素晴らしいです。
b0299488_11070656.jpg
歴史が立体的に見えてきます。
このまま古代ローマ時代に行きそうです。
天気が悪く寒い中のビブロスでしたが、古い街にまたまたロマンを感じました。
ビブロスの街はもう一回、しっかりみたいですね。
つづく

# by browns-tea | 2019-02-01 19:30 | 旅行 | Comments(0)