カテゴリ:お香( 1 )

場が一瞬で変わる

先日、親族の葬儀に参列しました。

b0299488_08354873.jpg
故人のために作成した焼香をはじめて使ってみました。

手づくりの焼香は、葬儀場にあるものと違い、
すべて天然の香木を調合したもの。
具体的にどこが違うかというと、煙が出ます。

葬儀場に備え付けの焼香は、煙が出ないように作られ、
香りがあまりない木片と煙が出にくい合成香料のものが多いそうです。

主人と私で「手作りの焼香」でお焼香をしたところ、
場が一瞬で変わりました。
香りがその場を変えてゆくのです。

もちろん故人をイメージして焼香の調合をしたのです。
でも、煙がたつそのひととき、
ふわりと香りが安らかさ神聖さを場にもたらしたように感じました。

供養には、古来から、煙を必要とします。
煙が天に昇ってゆくことで、神に香りをささげるという意味を持つ・・。
このあたりもアロマセラピーの基本で学びます。

煙がでてしまうと葬儀場の方が困るかな・・と、思って、
「手作りのお焼香を使ってもいいですか?」と確認したところ、
葬儀場の方も「いいですよ」とのことでしたので、安心して使えました。

故人の親族の方が、
「いい香りでした。ありがとうございます。」と、
わざわざおっしゃってくださり、気持ちも救われました。

本物のお焼香、心からおすすめです。

★2018秋から「お焼香」のレッスンは行う予定ですが、
この冬に必要な方がいらっしゃいましたら、どうぞご相談ください。
browns.eymy.co.ltd@gmail.com

現在お申込みいただけるレッスン一覧
2月20日スタート
10月受験お急ぎ アロマコーディネーターライセンス取得講座レッスン (残席2)
ワンデーレッスン
1月25日・28日 キッチン蒸留アートゥルビギナーズレッスン  
2月1日 セリシン抽出会 満席
4月22日(日)スタート
JHSハーブインストラクター初級ライセンス取得レッスン (残席2)
石けんレッスン

 
b0299488_11235478.png
 
 ***********************

by browns-tea | 2018-01-22 08:55 | お香 | Comments(0)